機密機器の輸送は、専門業者に依頼して運んでもらおう

ハードな物流

量が多く、煩雑なアパレルの物流

華やかなイメージのアパレル業界ですが、煩雑な作業なども多く、意外と体力勝負な面もあるようです。 アパレルの商品は製品が出来上がってから、検品、検診、値札・タグ付け、プレス、袋入れなど、さまざまな行程を経て納品されます。 仕分け、梱包後の各店舗への配送などその物流も、ブランドの規模によらず、多くのの配送先にきちんと届けなければいけない、大切な行程です。 自社で作業出来る規模ではない場合、物流会社にアウトソーシングすることが多いようですが、物流会社に商品をあずける際には、その内容をしっかりヒアリングしてから委託したほうが良いでしょう。 というのも物流会社によって、国内の配送網がしっかりしているところ、海外まで対応可能なところなど、さまざまな特色があるからです。

ITを活用して、管理もスムーズに

さらに、最近では、ITを活用してスムーズに管理することができるアパレル物流会社も多いようです。 商品が全てバーコード管理されており、在庫状況の確認、発送指示から、発送後の商品の追跡などがすべてweb上から確認できるシステムなどが活用されているのです。 また、委託時のポイントとして、各工程をバラバラに発注したり、中途半端に自社で行うより、決めた会社に一括委託することでコストを圧縮・削減できる場合もあります。 さらに、この業界に多いのが急ぎやスポットの案件です。 ファッションは季節やトレンドととも変化しますので、そういった急ぎの案件にも対応してくれるようなアパレル物流会社であるかどうかも、重要なポイントかもしれません。 最新技術のITなども活用しつつ、スムーズにストレスなく管理していきましょう。